サイトマップ会社概要お問い合わせ

ハワイ最新情報vol.1/ハワイの不動産購入は『ハワイ・リゾート・プランニング不動産』

購入ガイド 購入までの流れ 物件売却 不動産の基礎知識 よくあるご質問

HOME > ハワイライフにお役立ち >ハワイ最新情報vol.1

ハワイライフにお役立ち

ハワイ最新情報vol.1

ハワイの生活

楽園ハワイの中にあって住宅地の拡大が進むオアフ島西部から中心部。ハワイに暮らす人々のストレスの一つである渋滞の緩和対策として始まった「ホノルル市主導の高架鉄道プロジェクト(市電プロジェクト)」。
最も安全で信頼性のある交通手段と言われるホノルル鉄道計画の情報と、ホノルル鉄道より一足早くお目見えするラグジュアリーホテルコンド「リッツカールトン」をご紹介します。ハワイでは2件目となる「リッツカールトン・レジデンス・ワイキキビーチの第1タワー」。ホノルル鉄道の開通によりハワイでの生活がより快適になることでしょう。そんなハワイの最新インフラ情報を編集部が調査&レポートします!

ハワイ・ホノルルの市電プロジェクトとは?

住宅地の拡大で深刻化する交通渋滞の対策としてハワイ・ホノルル市で進められている、アラモアナからオアフ島西部の東カポレイ、ホノルルの中心部までを結ぶ全長20マイル(約32 km)の高架鉄道建設プロジェクトのことです。

○工事期間と開通予定は?

2017年と2019年の2段階で開通する予定で、全長20マイルのうちの1マイル区間(約1.6km)が完成しています(2015年1月時点)。2017年までにイーストカポレイからアロハスタジアム間、2019年にはアロハスタジアムからアラモアナセンター区間が開通、完了する予定です。

○市電の設備とルートは?

全長20マイル(約32 km)の路線は、21カ所に駅が設けられ、東カポレイ、パールリッジにアロハスタジアム、ホノルル国際航空からホノルルのダウンタウン(ビジネスの中心地)を通り、アラモアナセンターが終点です。運行スケジュールは、毎日午前4時〜深夜0時までで、10分おきに運行され、通勤時間のラッシュアワーは5分おきに運行され、ホノルル空港からアラモアナセンター間は16分で行き来出来るようになります。
駅が設けられることに伴い、大型駐車場が4カ所設置され、全駅ホノルルの市バスのルートにもなるので新たに4つのバスセンターも設置される予定です。もちろん駐輪場に、バリアフリーの施設も完備。駐車エリアには街灯やガードマン、防犯カメラが備えられ安全に配慮されています。さらに市電と市バスのチケットの連携も出来るのでお得ですよ。

○市電プロジェクトのメリットは?

全長20マイル(約32 km)の路線は、21カ所に駅が設けられ、東カポレイ、パールリッジにアロハスタジアム、ホノルル国際航空からホノルルのダウンタウン(ビジネスの中心地)を通り、アラモアナセンターが終点です。運行スケジュールは、毎日午前4時〜深夜0時までで、10分おきに運行され、通勤時間のラッシュアワーは5分おきに運行され、ホノルル空港からアラモアナセンター間は16分で行き来出来るようになります。
駅が設けられることに伴い、大型駐車場が4カ所設置され、全駅ホノルルの市バスのルートにもなるので新たに4つのバスセンターも設置される予定です。もちろん駐輪場に、バリアフリーの施設も完備。駐車エリアには街灯やガードマン、防犯カメラが備えられ安全に配慮されています。さらに市電と市バスのチケットの連携も出来るのでお得ですよ。

○市電プロジェクトの問題とは?

全長20マイル(約32 km)の路線は、21カ所に駅が設けられ、東カポレイ、パールリッジにアロハスタジアム、ホノルル国際航空からホノルルのダウンタウン(ビジネスの中心地)を通り、アラモアナセンターが終点です。運行スケジュールは、毎日午前4時〜深夜0時までで、10分おきに運行され、通勤時間のラッシュアワーは5分おきに運行され、ホノルル空港からアラモアナセンター間は16分で行き来出来るようになります。
駅が設けられることに伴い、大型駐車場が4カ所設置され、全駅ホノルルの市バスのルートにもなるので新たに4つのバスセンターも設置される予定です。もちろん駐輪場に、バリアフリーの施設も完備。駐車エリアには街灯やガードマン、防犯カメラが備えられ安全に配慮されています。さらに市電と市バスのチケットの連携も出来るのでお得ですよ。

オアフ島西部の交通渋滞を緩和出来る唯一の方法とされるホノルル市電プロジェクト。色々な問題もありますが、ハワイでの生活が少しでも快適に、旅行者たちがスムーズに行動出来るようになる日がくるのが待ち遠しい編集部でした。

○ハワイで2軒目「リッツカールトン」

2019年に開通となる市電プロジェクトで揺れるハワイに2016年、一足早くお目見えするのがラグジュアリーホテルとして知られる、「ザ・リッツ・カールトン The Ritz Carlton」。美しい景観の高級リゾート地、マウイ島北西部のカパルア地域にたたずむゴージャスなホテル「ザ・リッツ・カールトン・カパルア」に続き、ハワイで2軒目の「リッツカールトン」となるのが、ホテルの1室を分譲販売するホテルコンド型の「ザ・リッツカールトン・レジデンス・ワイキキビーチ The Ritz Carlton Residence Waikiki Beach」。2013年の販売と同時に一番ボリュームのあるスタジオタイプのお部屋は完売してしまいましたが、ハイフロアのお部屋はまだ販売中なので、一見の価値有りです。現在は第1タワーの24〜38階部分を建設中。第2タワーの建設も予定されており、2017年には完成が見込まれています。入居テナントには食の人気セレクトショップ・ディーン&デルーカ、すし匠、BLTマーケットにBLTバー&グリル、地元スーパーが名を連ねていて、オーナー用のラウンジの他、もちろんプール、スパ、フィットネスセンターがそろっています。エメラルドグリーンのワイキキのオーシャンビューを望みながら過ごすラグジュアリーな一時。今から泊まりに行くだけでも楽しみですね。

○市電プロジェクトのメリットは?

全長20マイル(約32 km)の路線は、21カ所に駅が設けられ、東カポレイ、パールリッジにアロハスタジアム、ホノルル国際航空からホノルルのダウンタウン(ビジネスの中心地)を通り、アラモアナセンターが終点です。運行スケジュールは、毎日午前4時〜深夜0時までで、10分おきに運行され、通勤時間のラッシュアワーは5分おきに運行され、ホノルル空港からアラモアナセンター間は16分で行き来出来るようになります。
駅が設けられることに伴い、大型駐車場が4カ所設置され、全駅ホノルルの市バスのルートにもなるので新たに4つのバスセンターも設置される予定です。もちろん駐輪場に、バリアフリーの施設も完備。駐車エリアには街灯やガードマン、防犯カメラが備えられ安全に配慮されています。さらに市電と市バスのチケットの連携も出来るのでお得ですよ。

ザ・リッツカールトン・レジデンス・ワイキキビーチ タワー1
名 称:The Ritz-Carlton Residences Waikiki Beach Tower 1
所在地:383 Kalaimoku Street, Honolulu Hawaii 96815

ザ・リッツカールトン・レジデンス・ワイキキビーチ タワー2
名 称:The Ritz-Carlton Residences Waikiki Beach Tower 2
所在地:2139 Kuhio Avenue, Honolulu Hawaii 96815

ワイホヌアアットケワロ ザ・リッツ・カールトン レジデンス・ワイキキビーチ ワンアラモアナ
スタッフ紹介 スタッフブログ 各種メディア紹介 漫画:ハワイコンドミニアム購入体験記 ハワイ不動産を購入後の管理について ハワイドッグ スタディハワイ LOVEフォトハワイ エスタ.com【ESTA.com】アメリカ旅行者のための便利で正確なESTA申請 P-mark