サイトマップ会社概要お問い合わせ

住まい探し/ハワイの不動産購入は『ハワイ・リゾート・プランニング不動産』

購入ガイド 購入までの流れ 物件売却 不動産の基礎知識 よくあるご質問

HOME > ハワイライフにお役立ち > 住まい探し

ハワイライフにお役立ち

住まい探し

ハワイに移住しよう

ハワイの住まい探し

ハワイの住まい探し

ハワイで長期間の滞在になると日本のご飯が食べたくなったり、もっと広い場所で寛ぎたくなったりしませんか?観光ホテルとは違って自分の住まいが確保出来ると自分で料理を作るなど、より一層ハワイでの楽しみかたも増えます。
ここでは、住まいを探すと共に新しい環境で自分らしい生活が出来るアドバイスをご提案します。自分自身に合った住まいを見つけましょう

住まいの探し方

日本での物件探しはホームページやネット検索などで自分が住みたい場所を選びますが、ハワイでは分譲住宅以外は基本的にネットで探す事は重要視されていません。
分譲住宅のコンドミニアムや土地売買であれば日本からでもネットですぐに見つかりますが、一般的な賃貸物件やルームシェアなどは地元の新聞紙やフリーペーパーで物件を探します。
しかしフリーペーパーなどの情報誌に載っている物件は人気が高く、早い者勝ちです。
間取り・家賃・連絡先のみが載っているだけが多いため、『部屋を見たい!』と思った際はすぐに電話するのが一番。
まずは賃貸・分譲でも大まかな物件の違いをご紹介します。

ルームシェア

複数人の方と一緒に住む物件です。
米国では若い方々が一人暮らしをするという概念は少なく、一緒に共同生活をするスタイルが一般的です。
部屋の間取りも2LDK〜と広く自分自身も1つの部屋を確保出来る時もあるので十分住みやすい環境になっています。
家賃も負担する金額が少ないのもポイントですが、共同で使う部分も多いため管理費が別途いる場合があります。

バケーションレンタル

賃貸のコンドミニアムを夏休みや冬休みの間といった主に6か月未満で借りる事をバケーションレンタルと言います。
低価格の物から高級物件まで、様々なコンドミニアムがあります。
自分自身で料理を行いたい方、愛犬と一緒に暮らしたい方にオススメです。
家具家電と設備が整えられていますので、充実した毎日を送れます。
ホテルの様な、客室清掃などのサービスがないため普通の一般賃貸と考えるのがいいでしょう。

分譲コンドミニアム

米国では新築物件よりも中古物件の売買の方が一般的で、特にアメリカの中でもハワイでは中古物件が主です。
分譲ですと人気のオーシャンビューや繁華街から離れた静かな物件が人気です。
家具無しから家具付きまで様々な物件があり、気になった箇所があれば改装するといった生活スタイルに合った物件を探せます。
第2の人生または老後に一度考えてみるのもいいのではないでしょうか。

物件の見方

物件の見方

ハワイでは情報誌や新聞などに載っている物件は、物件そのものを見に行くという形が主です。
そのため物件を見るまではどのような外観なのかもわからないといった場合が多くあります。
大まかにかかれている間取りを確認し、イメージしてみましょう。

ステューディオ

日本でいうところの1Rです。
ベッド・キッチン・リビングが一緒になったタイプを指します。
日本の1Rよりも広々とした印象なので一人滞在に最適です。

1ベッドルーム

1LDKと同じ作りをしています。
ベッドとリビングが別々のため、友人同士や家族でお使い頂けます。
キッチンも欧米サイズなので料理好きの方も充実した毎日を送れるでしょう。

2ベッドルーム

広々とした空間の2LDKです。
大人数での滞在に人気です。
ルームシェアでお探しの方やお部屋を広く使いたいとお考えの方には良いでしょう。

家具なし家具付き

新築でも中古でも様々ですが、家具付き家具無しの場合があります。
家具付きの場合でもテレビやベッドといった物件から、タンスやソファなど生活必需品が全て揃っている物件もあります。ホテルタイプのコンドミニアムではフロア別にコインランドリーがあるなど、家具無しでもすぐさま生活出来る造りになっている場所もあります。

住まい探しの注意とはpoint

必ず自分の目で確かめる
繁華街からは近くても、一歩敷地内に入れば不衛生な場所や騒音があるなど見て見ないとわからない部分はたくさんあります。『犬OK』と情報誌には書かれていても、持ち主に犬はNGと言われる場合などありますので必ず確認が大事です。納得が行くまで自分の目で確かめましょう。

契約書には必ず全て目を通す
契約期間やデポジットと呼ばれる日本で言う敷金の支払いなど全て英語で書かれています。また賃貸の場合、持ち主の意向により賃貸期間に家具を破損した場合の金額なども書かれている場合があります。
全てに目を通し納得してから契約をしましょう。

ハワイで快適に生活するにはpoint

長期間ハワイで生活をするなら、自分の住まいを見つける方がお得
何度もハワイと日本を往復する、また長期間ハワイで生活をするとなったら迷わず自分の住まいを見つける方が金銭的にもお得です。ホテルの快適さも否めないですが、現地の方と一緒に暮らしていくのはまた違った楽しさがあります。
寂しさを感じるという方はルームシェア、一人でのんびりと暮らしたいという方はコンドミニアムと選べるのも嬉しいものです。自分だけが知っている部屋からの絶景ポイント知る事でハワイでの思い出もぐっと濃い時間を過ごせます。
楽しんで住まい探しを見つけましょう。

ワイホヌアアットケワロ ザ・リッツ・カールトン レジデンス・ワイキキビーチ ワンアラモアナ
体験談 スタッフ紹介 各種メディア紹介 漫画:ハワイコンドミニアム購入体験記 ハワイ不動産を購入後の管理について ハワイドッグ スタディハワイ LOVEフォトハワイ エスタ.com【ESTA.com】アメリカ旅行者のための便利で正確なESTA申請 P-mark