サイトマップ会社概要お問い合わせ

不動産の価値を決める3要素とは/ハワイの不動産購入は『ハワイ・リゾート・プランニング不動産』

購入ガイド 購入までの流れ 物件売却 不動産の基礎知識 よくあるご質問

HOME > 不動産の基礎知識 > 不動産の価値を決める3要素とは

不動産の基礎知識

不動産の価値を決める3要素とは

不動産の価値を決める3要素とは

≫ハワイと日本の不動産の販売方法の違い ≫所有権と借地権 ≫オープンハウスとは ≫エスクローとは ≫MLS(物件登録番号とは) ≫不動産の価値を決める3要素とは ≫眺望の重要性 ≫コンドミニアムvs一戸建て ≫不動産とタイムシェアの違い ≫日本とアメリカの税金の基礎知識 ≫よくあるご質問 ≫不動産用語集

ハワイの不動産の魅力とは?

日米の人にとっての憧れのリゾート地「ハワイ」。日米の人はともに不動産投資が大好きです。そうなれば、ハワイに不動産を持ちたいと夢見るのは自然のなりゆきです。投資なのか、居住のためなか、目的は色々ですが、まずは、ハワイの不動産の魅力を整理してみました。

価格の安定性

価格の安定性 ハワイの不動産の最大のメリットは安全な資産だということ。
2008年のリーマンショックはアメリカ不動産の価値崩落がもたらした危機でしたが、ハワイの不動産はその影響も大して受けずに安定した価格を維持しています。ハワイの不動産こそ世界で一番安定した安全資産だと考えられます。

治安・気候上のリスクが少ない

日本の不動産のリスクは地震と人口減少。アメリカの不動産のリスクは治安の悪さと人口の移動。しかし、ハワイにはどちらのリスクもありません。また、ハワイは温暖で湿気が低く、活動的に過ごすにも最適ですし、療養や治療にもふさわしいパワースポットです。

日本人が投資しやすい

ハワイはアメリカの一つの州であり、世界中の民族が集結している多民族社会。その中でもアジア民族が多く、さらにアジア勢で最多なのが日系人です。海外不動産というと敷居が高く感じますが、ハワイには大勢の日系人が住んでおり、日本人も多いから、何かと安心です。日本人向けのサービスも充実しているので、日本人が海外で投資をするにはなじみやすい場所といえます。

ハワイの不動産の価値を決める3要素とは?

続いて本題に入ります。ハワイの物件の価値を見る場合には、以下の3つのポイントが重要です。

ロケーション

ハワイでは、ロケーション、ロケーション、ロケーションというくらい、立地が重要。
ハワイ(オアフ島)の中でも、西側より東側(ダウンタウンより東側、カカアコ、アラモアナ、ワイキキ、カハラ、ダイヤモンドヘッド地区。そして、ハワイカイ、カイルア地区なども含みます)の方が、全体的に物件の価値が高くなっています。さらに、ショッピングセンターなどに近い、ビーチや公園などにも近い、便利なロケーションや周りの環境も価値の高低に関係してきます。

オーシャンンビュー(景観)

ハワイの不動産ならパノラマの海が見えて当然と思われがち。しかし実際には、バッチリ海の眺望がある物件は限られています。またオーシャンビューにも「海から道を挟んでいたり、少し離れていたりして目の前に海が見える物件」「海の前に建っている、オーシャンフロントの物件」「マリーナの眺望がある、または、マリーナフロントに建つ物件」などと幾つか種類があります。マリーナビュー、マリーナフロントの物件は、ハワイカイ地区などに多く、家の前にボートデックがあって目の前がマリーナという物件もあります。

ダイヤモンドヘッドビュー

ダイヤモンドヘッドビュー 「なぜ、ダイヤモンドヘッド?」と思われ方もいるかもしれませんが、現地でハワイの不動産売り物件をのせているデータベースにも、眺望の種類の中に“ダイヤモンドヘッド”とあるほど、重視されています。海が見えて、加えてダイヤモンドヘッドも見えるとなれば価値がさらに上がります。
上記の要素を満たしていれば、価値が下がりにくい!

これら3つのポイント全てでなくても、その1の「ロケーション」とその2の「オーシャンビュー」の要素が備わっていると、他の物件よりも価値が高くなる傾向が。
言い換えれば、上記の要素を満たしていれば、価値が下がりにくいということになりますので、将来売却のときにも有利になります。

ワイホヌアアットケワロ ザ・リッツ・カールトン レジデンス・ワイキキビーチ ワンアラモアナ
体験談 スタッフ紹介 各種メディア紹介 漫画:ハワイコンドミニアム購入体験記 ハワイ不動産を購入後の管理について ハワイドッグ スタディハワイ LOVEフォトハワイ エスタ.com【ESTA.com】アメリカ旅行者のための便利で正確なESTA申請 P-mark