サイトマップ会社概要お問い合わせ

不動産購入後のポイント/ハワイの不動産購入は『ハワイ・リゾート・プランニング不動産』

購入ガイド 購入までの流れ 物件売却 不動産の基礎知識 よくあるご質問

HOME > ハワイ不動産購入ガイド > 不動産購入後のポイント

ハワイ不動産購入ガイド

不動産購入後のポイント

不動産購入後のポイント

≫ハワイ暮らしの魅力 ≫不動産購入のメリット ≫不動産購入のポイント ≫不動産購入で気を付けるポイント ≫不動産購入後のポイント

ハワイで不動産購入を実際に行う場合、さまざまな注意すべき点があることはこれまでにもお伝えしました。
では、実際に物件を購入した後、どうすればいいのでしょうか?
移住を考えている人は別ですが、日本と離れた地・ハワイの物件の管理をしていなくてはなりません。
ここでは、物件取得後に気を付けるべき点をご紹介いたします。

管理について

物件取得後、まずは、自身が一番信頼出来る不動産会社に、物件の管理をお願いしましょう。通常は、物件購入時にお世話になった不動産会社に、そのまま物件管理をお願いすることが多いですが、必ずしもそうしなければいけないということはありません。
不動産会社の中には、物件売買を得意とする会社、バケーションレンタルの募集や物件管理を得意とする会社があります。
ご自身が利用されない期間については、少しでも多くのバケーションレンタルをしてもらう必要があります。
ですから、時間に余裕があれば現地に赴き、いくつかの不動産会社を回って自分が納得に行く管理会社に物件管理をお願いするようにしましょう。

リフォームについて

購入した物件が大変きれいで、自分もそのまま利用出来るし、バケーションレンタルにもすぐに出せるというお部屋であれば、リフォームの必要性はありませんが、大抵は多少のリフォームを検討することになります。

その際に、直接リフォーム会社を探すということはもちろん可能ですが、物件管理をお願いした不動産会社にお願いし、リフォーム会社数社にコンタクトを取ってもらうのがよいでしょう。リフォームを行う際は、できれば時間を作ってハワイへ行き、現地のリフォーム業者と管理会社を交えて直接打ち合わせを行うのがベターです。
しかし、実際にはリフォームの打ち合わせのみで現地に行くことは難しという人が大多数。そんな時は、管理をお願いした不動産会社に、ある程度リフォームプランの作成を含めお願いするとよいでしょう。
この際のポイントですが、まずは自分が絶対リフォームしたい部分とかけられる予算をしっかりと決めておくことが重要。もちろん、リフォーム会社は工事代金を高くするため、あちこち問題を指摘してきます。そして、ご自身でも全てをきれいにしたいと思っていると、予想以上に資金がかかってしまうので注意が必要です。

最初にきちんと取捨選択をし、ご自身が利用する上で最低限の設備は何か、また、バケーションレンタルで利用者が一番欲しがっている設備は何かを明確化し、必要最低限の予算で、最大限の効果を生むようなリフォームを行ってほしい旨をきちんと管理会社に伝えることが大切です。また工事期間中は、数日に一度、現場の写真をメールで送ってもらい、状況を確認出来るようにすると安心です。

ポイントを踏まえて、物件を管理

万が一、リフォーム資金などが足りない、自分の思うようなリフォームが行えないという場合、最新の炊飯器を設置するとか、トイレにはシャワー水洗付き便座を備えるなど、少しだけ高価な家具や最新家電を置いてみてはいかがでしょうか?
それだけでも、お部屋全体の見栄えが大きく変わることもありますので、リフォーム+家具+家電+備品といったトータルでのコーディネートを考えると良いと思います。
そして、かかる維持費などを含めて検討されるのがよいと思います。

※不明点などがあれば、現地の安心して管理を任せることのできるエージェントを探すことをオススメします。

ワイホヌアアットケワロ ザ・リッツ・カールトン レジデンス・ワイキキビーチ ワンアラモアナ
体験談 スタッフ紹介 各種メディア紹介 漫画:ハワイコンドミニアム購入体験記 ハワイ不動産を購入後の管理について ハワイドッグ スタディハワイ LOVEフォトハワイ エスタ.com【ESTA.com】アメリカ旅行者のための便利で正確なESTA申請 P-mark