サイトマップ会社概要お問い合わせ

ハワイ不動産購入の流れ/ハワイの不動産購入は『ハワイ・リゾート・プランニング不動産』

購入ガイド 購入までの流れ 物件売却 不動産の基礎知識 よくあるご質問

HOME > ハワイ不動産購入の流れ

INDEX

ハワイ不動産購入の流れ

ハワイ不動産購入の流れ
目的にあった物件を探す 目的にあった物件を探す
ハワイと日本では不動産の販売方法にどのような違いがあるのでしょうか。
購入の流れや、税金が違うのはもちろん、日本では不動産を購入する際、複数の不動産会社に問い合わせてるのが一般的ですが、ハワイでは情報が1本化されているため、不動産エージェントを通して物件紹介を受けるのが一般的等と様々な違いがあります。
信頼のおける不動産会社を探す 信頼のおける不動産会社を探す
ハワイの土地は90%が公用地で一部制限はあるものの、外国人及び外国企業の土地所有は認められています。
ハワイの不動産には、所有権(Fee Simple)と借地権(Lease Hold)があり、所有権は名の通り土地の権利を有する物件を指し、借地権は一定の期間土地を借りる物件のことです。
それぞれに利点、デメリットがありますのでよく調べてから購入するようにしましょう。
内覧 内覧
オープンハウスとは売り物物件が一般公開されることです。
通常日曜日の午後2時〜午後5時の間、アポイント無しで誰でも物件の内見が出来ることが多いようです。
ハワイで家の購入を考えている人はもちろん、すぐに購入する気がなくても将来の調査のために気軽に行ってみることをおススメ致します。
購入申し込みからの流れ 購入申し込みからの流れ
エスクロー(Escrow)の語源はフランス語の巻物「escroue」という言葉が語源ですが、アメリカでは、「安全な中立している第三者に関係書類や代金などを預け、最終手続きが済むまで保管する」という意味で使用されています。
エスクローは、不動産取引において買主と売主の間にあって仲介者としての役割を果たし、指示された通りに、代金の取立てや、書類の整備等を行います。
ワイホヌアアットケワロ ザ・リッツ・カールトン レジデンス・ワイキキビーチ ワンアラモアナ
体験談 スタッフ紹介 各種メディア紹介 漫画:ハワイコンドミニアム購入体験記 ハワイ不動産を購入後の管理について ハワイドッグ スタディハワイ LOVEフォトハワイ エスタ.com【ESTA.com】アメリカ旅行者のための便利で正確なESTA申請 P-mark